パッシブハウスならここがオススメ

タウンライフ家づくり

お金の不安が解消する
素敵な間取りを提案してもらえる
希望の土地が見つかる
住宅展示場を回らなくてもいい
しつこい営業がない

注文住宅の口コミ

パッシブデザインというところや、超高断熱、高気密というような捉え方ばかりされるパッシブハウスですけど、住んで割と大きな影響を感じるのは「静か」なところ。

 

一条良さそうですね。建築中の我が家は、高橋建築さんという小さな工務店ですが、負けず劣らずでパッシブハウスというドイツ基準の高性能な家を作ってます。新潟や秩父は寒いので、一条とか暖かい家がいいですよね。

 

積極的に冷暖房エネルギーを使うのではなく、自然のめぐみを受けて快適な居住空間をつくり上げる。それが、パッシブ(受け身)ハウスの名前の由来。
自然エネルギーを利用するというパッシブハウスの考え方は、実は日本古来の家屋の建て方と非常に似ている面も。

 

パッシブハウスって軽々しく口にしちゃいけない代物だったのですねw

 

自宅も新築建ててる時、急ぎで猛勉強して実現目指しましたが、半分成功して半分課題が残りました…

 

この辺りはいろんな方の手法を参考にイメージ通りのパッシブハウスをつくってみたいと思ってます。

 

家を建てるとき、お金がかからないようにしたい。それは誰しも考えること。この時期、暖房器具が必要だと思いますが、その中に太陽って選択肢ありますか?

 

寒さや暑さから守ってくれる心地良い家で “生活の質” を上げよう。「断熱展2020」は、知っておきたい情報がいっぱい!

 

世の中の建材は、ビニールで囲んで空気や水の出入りを制限し、高気密・高断熱・24時間換気・基礎断熱で環境を作っている。それでは高温多湿な日本では結露の問題から逃げる事ができない。
私の目指す理想の住まいは、自然の摂理から理を学び、恵を利用するパッシブハウスを建築するのが夢なんです。

地域別の自転車屋おすすめリンク集